妊娠前から産後まで使える葉酸サプリ

●葉酸とは
葉酸は、ビタミンB群の一種で、ほうれん草、ケール、レバー、オレンジなどに含まれていますが、主に葉物野菜に多く含まれています。葉酸は加熱に弱く、水に溶けやすいという性質があるため、調理した食事から摂るのは難しいされています。そこで、厚生労働省でも推奨しているように、葉酸はサプリメントから摂るのがお勧めです。

 

●妊娠前から飲む
妊娠前から葉酸を飲んでおくことで、胎児の先天異常のリスクを軽減したり、妊婦の貧血、便秘を改善するといった効果があります。葉酸の効果については、母子手帳にも記載されています。
妊娠の1ヶ月くらい前から飲み始めると良いとされています。染色体の関係から、旦那さんにも飲んでもらうとより効果的です。妊娠中は、1日に480? 葉酸を摂取することが望ましいと言われています。

 

●産後にも
産後にも葉酸を飲むと、ホルモンバランスの乱れが改善されて、抜け毛やむくみを改善することができます。また、授乳期間中に葉酸を摂ることで、母乳の出が良くなったり、質の良い母乳が作られるといったメリットがあります。

 

●不妊にも
不妊治療中の場合は、不妊の原因となる着床障害を改善したり、子宮内膜を丈夫にして着床しやすくなるという効果が期待できます。

 

●合成葉酸は危険
しかし、フォーリックアシッドは、天然ではなく合成成分で作られた葉酸です。海外製のサプリメントは、安いのに効果が高そうなイメージがありますが、それは天然成分ではないからです。合成葉酸は、体内で蓄積されて発がん性、遺伝子の異変などのリスクがあると言われています。妊娠中に合成葉酸を飲むと、喘息やアレルギーを生まれながらにして持っている赤ちゃんが生まれてくるなどのリスクもあります。

 

わざわざ摂取しなくても、フォーリックアシッドは、普段食べている加工食品などにも食品添加物として使われているのです。

 

葉酸サプリを選ぶ際には、合成された葉酸ではなく、天然の葉酸が使われているかどうかを確かめて飲むようにしましょう。

 

●添加物にも気を付けて
それから、サプリメントには、錠剤を固めるための増粘剤やコーティング剤などの添加物が使われています。口に入れても安心な食品添加物が使われているかどうかも、サプリメントを選ぶ基準として覚えておくことをお勧めします。

 

●過剰摂取に気を付けて
葉酸は、水溶性ビタミンなので、体に蓄積されずに尿と一緒に体外に排出されていきます。だからといって、沢山摂取しても良いという訳ではありません。葉酸を過剰に摂取すると、発疹、呼吸障害などの副作用が起こる場合がありますのできをつけましょう。


妊娠前から飲んでいた葉酸サプリ

現在、妊娠6ヶ月ですが、続けているサプリメントは葉酸サプリです。

 

葉酸サプリを飲もうと決心したのは、赤ちゃんを授かりたいと考えた時期でした。

 

妊活をしている段階の妊娠前の時期から葉酸をきちんと不足しないように補給しておくと、先天異常のない健全な胎児の発育を促すことが出来ますし、自分で妊娠していることに気づかなかったとしても無問題です。

 

胎児の先天異常を防いだり、神経管の閉鎖障害を予防するためには、妊娠初期から葉酸を補っておく必要性があるので、私は妊娠前から葉酸サプリを飲むように心掛けてました。

 

サプリメントを使えば、時間や手間を一切かけることなく非常に手軽に効率良く、一日分の葉酸を不足せぬよう摂取できるので安心です。

 

葉酸は水溶性で体内に溜めたりすることは不可能ですし、日々継続的にこまめな供給が求められるので、サプリを通じて補給すると便利です。

 

一生懸命に葉酸を多く含む食品を食べたとしても、余った量は尿などに排出されますし、実は食品から葉酸を補うよりも、サプリで葉酸を補ってあげたほうが体内で吸収率が良いと言われてます。

 

面倒な栄養バランスの管理や食事管理を妊娠時やつわり等による食欲不振時に行うのは、正直非常に難しいです。

 

葉酸サプリを飲めば、無駄な労力や手間を掛けず、確実に充分な量の葉酸を継続的に毎日摂り続けることができるので安心です。

不妊に苦しむ夫婦が頼るのは葉酸サプリ

 

不妊に苦しむ夫婦はその関係が悪化してしまうことも少なくなく、最悪の場合離婚に至ってしまうケースもあります。

 

子どもができないということはそれだけ大きな問題になってしまいやすいので、夫婦間の関係すらも揺らいでしまうのです。

 

不妊によってもたらされる影響はそのくらい大きいので、子どもだけにこだわるのは良くないとわかっていたとしてもなるべく子どもができるよう力を注いでいくしかありません。

 

そんな不妊に苦しむ夫婦にとっては藁にもすがる気持ちでサプリを飲んだりするわけですが、葉酸サプリというのはそのときにかなり頼りになるサプリとして認識されています。

 

葉酸サプリによって不妊が改善されるかもしれないとあれば試してみるのは自然な流れですし、どうしていけばいいのかわからない夫婦にとっては気になるところです。

 

葉酸サプリだけではそこまで状況が良くならないのかもしれませんが、利用してみて子どもを授かる可能性があるのならやってみたほうが良いのは間違いありません。

 

葉酸サプリは多くの場合お試しが用意されていますからそれらをじっくりと気長に使っていくということも大事で、それで不妊がどうにかなるならダメ元でやってみることも必要になってきます。口コミ葉酸サプリ

葉酸サプリを飲む時間帯

 

安心安全に元気な赤ちゃんを産むために葉酸サプリを飲んでいる女性の方は多いです。

 

しかし、この葉酸サプリ。

 

飲む時間帯によっても効果が変わってくるのかが気になるところ。

 

今回は、そんな葉酸サプリの飲む時間帯についての情報をお届けしてみます。

 

葉酸サプリは、やはり、飲む時間帯を自分の体に合わせて変えたほうが、お体の負担もなくなるため良いと言います。

 

これは、胃腸の関係があります。

 

例えば、胃腸が弱い方は、食後に飲むといったものですね。

 

何故、食後が良いのかは、胃液が関係しているんです。

 

食後というのは、食べたものを消化するために、胃液が分泌されます。

 

ですから、この際に、葉酸サプリもどさくさに紛れて体内に入れてしまえば、胃液の分泌量が多いため、スムーズに消化していきます。

 

逆に、空腹時には胃液というものはほとんど分泌されません。

 

空腹時に、葉酸サプリを体内に取り入れても、消化しにくい、溶けにくい状態になっているため、胃に負担がかかってkるんですね。

 

病院でもらうお薬なんかも大抵食後に飲んでくださいと記載されているのはこのためなんです。

 

葉酸サプリなどのサプリメントも錠剤タイプになっているものが多く、錠剤の形のまま胃に残るというのは相当な負担になります。

 

ですから、葉酸サプリを摂取する時は、できるだけ食後のほうが好ましいのです。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

葉酸サプリを飲む妊婦の妹

 

私の妹は現在妊娠3ヶ月です。

 

初めての妊娠で毎日悪阻に悩みながら妊娠した喜びを噛み締めているようです。

 

私は3人の妊娠、出産を経験していて、一応妹よりも先輩ママです。

 

妹に妊娠を知らされて、私はまずおめでとうとお祝いの言葉を伝え、妊娠したら葉酸サプリを飲んだらいいよと言いました。

 

すると妹はすでに知っていたのか私の妊娠中を見ていたからか、葉酸サプリを毎日飲んでいると言っていました。

 

悪阻でなかなか思うようにご飯が食べられない日もあるようですが、そんな時でも葉酸サプリは欠かさず飲んでいると言っていて私は少し安心しました。

 

普段から便秘で悩んでいた妹は妊娠中にはさらに便秘がひどくなるのではないかと心配していたのですが、なぜか便秘が解消されたと言っていて、きっと葉酸サプリを飲んでいるからなのかな?と思いました。

 

また妹はよくニキビで悩んでいて、皮膚科にも通っていたのですが肌荒れをしなくなり、それもきっと葉酸サプリを飲んでいるからだと思いました。

 

葉酸サプリには美容成分が含まれているものもあるので、そのおかげで妹の肌荒れが改善されたのだと思い、私ももさは肌荒れするのなら葉酸サプリを飲もうかなと思いました。

 

葉酸サプリを飲み続けて、元気な赤ちゃんに会えるのを楽しみにしています。

妊娠初期に飲みたい葉酸サプリ

 

妊娠3か月までに葉酸サプリを摂取しておくと、胎児の成長を促すことができます。

 

妊娠すると、受精卵は細胞分裂を繰り返すことで胎児の形に成長していきます。

 

この時、葉酸サプリを摂取しておけば、正常に細胞分裂が行われる為、奇形が起きにくくなるのです。

 

また、胎児もしっかりと成長することができるので、体も大きくなりやすくなってきます。

 

お腹の中でしっかりと成長してから外に出てくれば、健康状態に問題なく育っていくことができるでしょう。

 

さらに、葉酸は妊娠している女性にとっても欠かせない成分になっています。

 

妊娠3か月までは、つわりが起こりやすくなってしまい、十分な食事を摂ることができません。

 

食事の摂取がうまくいかなくなると、女性が貧血に陥りやすくなったり、さらにつわりの症状が酷くなってしまうのです。

 

母体の状態が不安定になれば、お腹で胎児を育てていくことは難しくなるでしょう。

 

葉酸サプリを飲むことで、胎児だけではなく、母体にも必要な栄養分を届けられるようになり健康を守ることができます。

 

この期間に、体に害を与えることがない無添加の葉酸サプリを飲むように心がければ、それ以後の妊娠期間も安心して過ごせるようになるでしょう。

飲みやすさを意識した葉酸サプリ

 

妊娠中に葉酸サプリを活用する際、栄養分の観点ばかりに注目しないで、製品の使いやすさも意識します。

 

飲みやすい製品であるほど消化の吸収の効率が良い傾向で、健全に妊娠中の生活を味わえます。

 

最近はコストパフォーマンスを考慮して、安価である事を前提として小さな錠剤で出来ている製品が販売されている傾向です。

 

飲んだ時に内臓へ負担が掛からなかったり、葉酸の吸収の度合いが良くなる事によって、妊婦を中心に多くの人に優しい製品を作り出している傾向です。

 

飲みやすさを重点的に考慮した商品は、利用する時のコストパフォーマンスに優れている場合が多いです。

 

若者の中で肌などに悩んでいたり、妊婦の中でもつわりなどで気分が悪い時に、飲みやすい製品を飲む事で体を落ち着かせる事に繋がります。

 

飲みやすさが特徴的な葉酸サプリは、妊娠中から授乳期までの女性の生活をサポートしやすいです。

 

妊娠の時から飲みやすい製品を活用して、健全な赤ちゃんを産んでからでも赤ちゃんの育成に貢献している傾向です。

 

効率よく栄養分を取り込む為には一気に葉酸サプリを摂取しないで、小分けをしながら摂取する事が大切である事を前提として、消費者に利用しやすいように袋に小分けをして同封されている事が多くなっている傾向です。