葉酸サプリで葉酸を補おう

特に妊娠初期には葉酸の消費量が多いので、葉酸不足になってしまう妊婦さんも少なくはありません。

 

妊婦さんが葉酸不足になってしまうと、胎児に悪い影響が出るリスクがあります。

 

そういったものを避けたいと思う方はきっと多いでしょうから、妊娠時には葉酸サプリを使って葉酸を補うようにしましょう。

 

葉酸は食事でもとれるのではないか、とお考えになる方もきっと大勢いらっしゃると思います。

 

確かに食事でも葉酸はとれますが、量が圧倒的に足りませんし効率が悪いのでおすすめできません。

 

葉酸サプリであれば必要な葉酸をしっかりと効果的に摂取できますから、多くの妊婦さんにおすすめすることができます。

 

葉酸サプリは葉酸をしっかりと摂取するのには役に立ちますが、添加物には気をつけないといけないということも覚えておきましょう。

 

葉酸サプリの中には添加物が多いものもあり、そういったものはまた別の悪い影響を頼時に与える可能性があるということを覚えておきましょう。

 

ここで皆さんに対して解説をしてきた葉酸サプリに関するお話が、多くの妊娠中の方などにとって参考になってくれればとても嬉しく思います。

 

葉酸を補う際にはぜひ葉酸サプリを活用してみてください。

妊活期、妊娠期に摂取したい葉酸サプリの種類

 

葉酸には、赤血球を作る働きや、細胞を再生させる働きを持つ栄養素で、健康的な生活を送る上で欠かせないものです。

 

さらに妊娠を希望する方や妊娠中の方にとってはお腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らすために、特に大切な栄養素なのです。

 

そのため、厚生労働省は妊娠を希望する方や妊娠中の方については食事からの葉酸摂取に加えて、栄養機能食品からも摂取するようにとしています。

 

付加量が付くということは、それだけ大切な栄養素だということがわかります。

 

この栄養機能食品とは葉酸サプリのことですが、なぜ食事からだけではなく、葉酸サプリからも摂取した方が良いのでしょうか。

 

それは、葉酸の種類が違うからです。

 

葉酸には食品由来の天然葉酸と人工的に作り出した合成葉酸の2つがあります。

 

この2つの葉酸の違いは吸収率です。

 

天然葉酸の吸収率は約50%、合成葉酸は約85%と言われています。

 

さらに葉酸は水溶性であるため、調理によって失われていきます。このことから、食事だけで推奨量を摂取するのはとても難しくなるのです。

 

今、葉酸サプリは本当に様々な種類のものが販売されていますが、効率よく葉酸を摂取するためには合成葉酸を使用している葉酸サプリを選ぶのが良いでしょう。