よりベターな葉酸サプリ

葉酸サプリはかなりいろいろと出尽くしている感じがしますが、なかでもよりベターな葉酸サプリをチョイスしたいのは誰しもが思うことでしょう。

 

そこで見極めるべきポイントを列挙していきます。

 

まず、あたりまえのことなのですが、葉酸サプリを謳っている以上は最低でも葉酸を豊富に含んでいなければ話になりません。

 

マルチビタミン系のサプリメントにも葉酸は含まれていることもあるようですが、その含有量はそれほどでもないというのが現実ではないでしょうか。

 

妊婦にはたくさんの葉酸が必要なのでここは外せないポイントとなるでしょう。

 

そして、体に優しいサプリメントなのかどうかです。

 

たとえば、いくら豊富な葉酸を含んでいたとしても健康に疑問符をつけざるを得ないような葉酸サプリは除外したいところです。

 

着色料はβ-カロテンなどの人体に問題がないと証明されているものならいいのですが、あまり風評的に良くないといわれているものは避けるようにしましょう。

 

そしてステアリン酸Caやパントテン酸Caなどはカルシウム分なので、その名称から疑問に感じないでいいものだと認識しておくと良いでしょう。

 

名前が怪しいからと避けていたら、実は珠玉の逸品のような葉酸サプリだったというオチでは悔やんでも悔やみきれないです。

摂りすぎ注意!葉酸サプリの過剰摂取の影響とは?

 

普段の体の健康のためにも、妊娠中のお母さんも「葉酸サプリ」を摂取している方が多いと思います。

 

特に妊娠中のお母さんたちは、おなかの中の赤ちゃんのために、と「葉酸サプリ」を意識して摂取していると思います。

 

しかしそんな健康にいいといわれる「葉酸」も摂取しすぎると体に影響が出るというのをご存知でしたか?

 

今回は「葉酸の過剰摂取の影響」をまとめたいと思います。

 

葉酸は細胞分裂を手助けしてくれる大事な役割を担っています。

 

水溶性のビタミンですので摂りすぎた場合には尿となって体外に出て行ってくれるのですが、あまり多く摂取しるぎると「発熱」「じんましん」「かゆみ」などが出てしまう場合があります。

 

通常ですと200μg〜、妊娠中ですと400μgの摂取が望ましいといわれていますが、1000〜10000μg(1〜10mg)となると過剰摂取の症状が出てしまいますので、気をつける必要があります。

 

また妊娠中の葉酸の過剰摂取は、お母さん自身の体にはもちろん胎児にも影響を及ぼしてしまいます。

 

それは生まれた子供が「ぜんそく」になるリスクが高くなってしまうのです。

 

サプリメントだけでなくて「葉酸入りグミ」や「葉酸クッキー」などをサプリメントと併用したり食べ過ぎたりするのにも、注意が必要です。

 

私たちの体には必須の栄養素「葉酸」ですが、過剰摂取には気をつけて健康な毎日を送りましょう。